イノベーションに
チャレンジを続ける成田

アジアの
リーディングエアポートを目指して
日本全国の国土交通省の主導のもと、感染症対策と空港機能向上の両立を目指し、ポストコロナを見据えた取組等について、官民の協業が始まっています。利用者目線で世界最高水準の旅客サービスを実現するため、成田国際空港は、自動化・ロボット、バイオメトリクス、AI、IoT、ビッグデータなど先端技術・システムの活用による我が国航空輸送産業におけるイノベーションの推進を図 っています。

滑走路増設写真 滑走路増設写真

滑走路の増設計画

2028年度末までに第3滑走路(C滑走路)を新設し、既存のB滑走路が延伸されます。これにより、年間発着回数が50万回に拡大し、030年には訪日外国人旅行者が6,000万人を超えることが目標とされています。

空港が活気ある写真 空港が活気ある写真

成田空港の成長戦略

成田国際空港は、2030年には、「国際線 就航都市数150都市以上(現在115都市)」、「国内線 就航都市数35都市以上(現在22都市)」を目標に、名実ともに日本のゲートウェイ、かつ、アジアのリーディングエアポートとしての地位を確立することを目標としています

商業施設写真 商業施設写真

成田空港イノベーションの推進

成田国際空港が発表した「飛躍、未来 2021」では、、世界最高水準の空港を目指して、空港の競争力強化のため、更なる飛躍のための目標が具体的に掲げられています。世界最高水準の安全性と安定、かつ高効率運用の徹底追求のために、成田空港でもデジタル化を始めとした最先端技術の活用によりイノベーションを推進しており、効率化や新たな付加価値の提供が急務とされています。実際、空港内の商業施設は、デジタルマーケティングとターゲットプロモーションを駆使し、年間売上は約1500億円(2019年度)と、日本の商業施設としては、年間売上が1位という実績を数年間維持しています。成田GATEWAYでも空港の歩調を合わせて、政府が掲げる観光立国推進等の目標達成への貢献に尽力します。

無人バス写真 無人バス写真

自動運転バスの導入

成田国際空港と成田GATECITY の間は電気で走る自動運転バスが導入される予定です。2024年までの間に順次実証実験が行われます。車両は、近接する成田空港と成田GATECITY間の移動の利便性を高めるのはもちろんのこと、災害時に避難車両として活用されることも期待されます。