ビジネスイノベーションを起こす街

Society 5.0「超スマート社会」の実現
街があるところに産業があるのではなく、産業があるところに人が集まり、街が生まれる。歴史的に見ても、産業創造は地歴や地勢の好条件により発展します。成田国際空港に隣接する約14万坪、というこれまで日本に類を見ない立地的好条件に恵まれた大規模な開発事業は、今後の日本経済を支える新産業集積都市となるべく始動します。

また、リアルな空間だけでなくサイバー空間も「仮想空間のビッグデータ」として構築し、生物技術・、生命化学・、エネルギー技術などの「現実社会ににおける社会の課題解決」が、この地で「融合」することになります。その結果、産業集積は高度なビジネスイノベーションを起こし、日本の国際競争力を再度向上させていくのです。内閣府が提唱する新しい日本の社会「Society5.0」を実現し、成田GATECITYは新しい日本を拓いてゆくのです。

街があるところに産業があるのではなく、産業があるところに人が集まり、街が生まれる。歴史的に見ても、産業創造は地歴や地勢の好条件により発展します。成田国際空港に隣接する約14万坪、というこれまで日本に類を見ない立地的好条件に恵まれた大規模な開発事業は、今後の日本経済を支える新産業集積都市となるべく始動します。また、リアルな空間だけでなくサイバー空間も「仮想空間のビッグデータ」として構築し、生物技術・、生命化学・、エネルギー技術などの「現実社会ににおける社会の課題解決」が、この地で「融合」することになります。その結果、産業集積は高度なビジネスイノベーションを起こし、日本の国際競争力を再度向上させていくのです。内閣府が提唱する新しい日本の社会「Society5.0」を実現し、成田GATECITYは新しい日本を拓いてゆくのです。

NEO MICE(巨大展示場) NEO MICE(巨大展示場)

Neo Mice事業家×投資家×メディアの国際交流

MICE(マイス)とは、企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称です。成田GATECITY では、観光庁が掲げる「2030年にはアジアNO.1の国際会議開催国としての不動の地位を築く」という目標の達成に向けて、MICE施設の開発事業を始動します。またMICE施設では、ビジネス会員企業を募集し、MICE施設を中小企業数10万社でシェアし、日本の中小企業をONLINE to OFFLINEでプロモーションします。海外で資金調達をしたい日本の起業家や、投資先を探している海外の投資家が日本を訪れた時に、ここに立ち寄れば先鋭的な人々のコミュニティがあり、ビジネスパートナーを見つけることが可能になります。

NIPPON MALL NIPPON MALL

Nippon Mall日本の魅力を展開し、海外需要を獲得

成田国際空港内の商業施設は、年間約1500億円を売上げる、日本で最も売上の大きなショッピングモールです(2019年までの実績)。成田GATEWAYに新設されるNipponMallでは、日本を代表するカルチャーコンテンツや日本が誇る地域ブランドと地域伝統工芸を一同に会し、回遊性を重視した次世代型ショッピングモールを開設します。ここでは、経済産業省が選定する、地域未来けん引企業(地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済のバリューチェーンの中心的な担い手、および担い手候補である企業)を中心に、日本全国からの出店を受け入れる予定となっています。

国境を超えた取引 国境を超えた取引

Cross Border Trading国境を越えて人々が交流する
インフラストラクチャ

メディアへの露出の機会が少なく、海外へ向けた情報発信ツールをもたない中小企業やスタートアップ企業向けに、クロスボーダーで海外企業や投資家と交流できるような「ビジネスアーキテクチャ」と、メディアセンターを中心にそれらの企業が海外の大手ポータルサイトや貿易振興機構 と連携しコンテンツプロモーションを可能とする「テクノロジープラットフォーム」を整え、成田GATEWAY独自のエコシステム を構築します。いつも何かがうまれていて、国境を越えて人々が交流できる仕組み。成田GATEWAYは安土桃山時代に市場振興政策とされた「楽市・楽座」を現代に置き換えて、クロスボーダーに自由な商取引を展開するための役割を果たします。※エコシステムとは、複数の企業や事業が互いに連携や依存しながら、市場全体として共存共栄かつ成長していく仕組み。ビジネス上の生態系を意味します。